リョウシンJV錠の副作用について調べてみました。

リョウシンJV錠は医薬品です。

そのため、副作用が出る可能性もあります。

利用してから副作用について調べていては危険です。

そこで、リョウシンJV錠の副作用について調べてみました。

 

リョウシンJV錠の副作用

リョウシンJV錠の副作用については、リョウシンJV錠のパッケージ側面に表記されています。

購入された際にチェックしましょう。

 

副作用の症状

リョウシンJV錠を利用した場合の副作用は、以下の症状が現れるようです。

 

関係部位 症状
皮膚 発疹、発赤、かゆみ
消火器 吐き気、嘔吐、口内炎、胃部不快感

 

対処法

万が一、リョウシンJV錠を利用した場合に上記の副作用が出た場合には、直ちに利用を中止して、医師、薬剤師、登録販売者に相談しましょう。

また、相談に訪れる際にリョウシンJV錠の商品、パッケージを忘れずに持参しましょう。

 

体調の変化に注意

リョウシンJV錠を服用し、軟便、下痢、便秘が持続したり、増強する場合にも、直ちに利用を中止して、医師、薬剤師、登録販売者に相談することを推奨しています。

リョウシンJV錠を服用した際に、普段の便通に異常があった場合には注意しましょう。

 

アレルギーの注意

アレルギー体質の方がリョウシンJV錠を服用する場合には、服用前に主治医に相談することを推奨しています。

 

公式サイトで確認を!

リョウシンJV錠についての副作用について調べましたが、実際にリョウシンJV錠を利用される場合には、公式サイトで「副作用について」の専門項目がありますので、そちらを確認の上利用してください。

 

【AT限定】つらい関節痛・神経痛に「リョウシンJV錠」