ロコモプロ

プロテオグリカンサプリのロコモプロの広告などに「グルコサミンの26倍以上のパワー」と紹介されていますが、何がグルコサミンの26倍のパワーなのか?調べてみました。

 

グルコサミンとプロテオグリカンの違い

まず、グルコサミンの26倍について調べる前に、グルコサミンとプロテオグリカンの違いについて調べてみました。

グルコサミンは節々に含まれる成分です。

また、プロテオグリカンも節々に含まれる成分です。

では何が違うか?となると、グルコサミンはプロテオグリカンの一部にすぎません。

ですので、グルコサミンを飲んでも効かない方はプロテオグリカンの成分が足りていないのかもしれません。

 

節々成分の内訳

グルコサミンとプロテオグリカンを調べるついでに、節々成分は何で出来ているのか?調べてみました。

節々成分のグラフ

こちらのグラフは節々成分の内訳を円グラフにしてみました。

以上のように節々成分は水が70%、Ⅱ型コラーゲンが15%、プロテオグリカンが5%、ヒアルロン酸が1%となっているようです。

グラフにあるように節々成分にはプロテオグリカンが5%含有していますが、グルコサミンという成分名は表記されていません・・。

つまり、グルコサミンは節々成分の中でもごくわずかという事になります。

 

節々成分だけならプロテオグリカンは20%

ロコモプロの公式さいとでは、節々成分の水分を別にしたグラフが掲載されています。

そのグラフによるとⅡ型コラーゲンは60%から80%、プロテオグリカンが12%から20%、ヒアルロン酸が4%となっています。

つまり、水分を別とした場合に節々成分はⅡ型コラーゲンの次に多い、プロテオグリカンが最大で20%前後含まれていることになります。

 

再生力が約26倍以上

ロコモプロが紹介しているグルコサミンの約26倍以上のパワーとは、再生力の事のようです。

ロコモプロでは、年齢とともに減ってしまう大切な成分をサポートする力はグルコサミンの約26倍と紹介しています。

 

約26倍の根拠

ロコモプロが紹介しているグルコサミンの約26倍以上のパワーとは、2011年5月に開催された「第65回日本栄養・食糧学会大会」で発表された内容のようです。

ロコモプロの公式サイトにて注釈として紹介されています。

しかし、残念ながら詳細についての説明はありません・・・。

 

関連リンク⇒第65回日本栄養・食糧学会大会