鮭

ヤクルトが販売するプロテオグリカンサプリメントのロコスムーズですが、ロコスムーズを飲んだ方の多くが持っている感想は量の多さでした・・・。

そこで、ヤクルトのロコスムーズのメリット、デメリットを紹介したいと思います。

 

ロコスムーズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロコスムーズ 300粒[L-ロイシン(ロイシン)]【送料無料】
価格:2617円(税込、送料無料) (2017/1/13時点)

ロコスムーズはヤクルトの販売するプロテオグリカン配合のサプリメントです。

また、ロコモティブシンドローム対策に考えられているサプリメントなので、アミノ酸やカルシウムが配合されています。

 

ロコスムーズの成分

ロコスムーズで摂取できる1日あたりの成分を調べてみました。

成分名 成分量
プロテオグリカン 5mg
グルコサミン 100mg
ロイシン 800mg
カルシウム 226mg

プロテオグリカンの配合量は1日当たり5mgです。

ちなみに1日あたり5mgの配合量は一般的な量だと思います。

しかし、グルコサミンは100mgは配合量からすると少なめです・・・。

現在販売されているグルコサミンを中心としたサプリメントは1000mgから1500mgが主流となっています。

ですので、グルコサミン視点で考えると1/10程度となっています。

 

口コミで多いデメリット

ロコスムーズで一番多い口コミは、1日に摂取する量です。

ロコスムーズは1日あたりの摂取量が10粒を目安にしています。

錠剤10粒となると20代でもなかなか飲むのに大変な量です。

そのため年配の方が1日10粒を毎日飲むとなるとなかなか難しいため、ロコスムーズの口コミには1日の摂取量についての口コミが多く見受けられます。

もちろん、デメリットとしての口コミとなっています・・・。